2017年12月16日

冬休み第一弾

冬のライダー映画を見てきました。
正式タイトルは「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」わー!
昔好きで見ていたオーズが登場すると聞いて、めっちゃ楽しみにしてたのです。もうほんと指折り数える勢いで(笑)
映司くんはともかくアンクまで揃って復活するのはきっとなかなかない機会だと思って。ふだんそれほどライダーライダー言ってるわけではないんですけど、こういうお祭りは楽しいですね!!
でもでも実際の映画はしっかり「ビルドの映画」になってて、今年のライダー大好きな私向けでした(≧▽≦)/
見る前はもしかしてオーズ復活のとこだけ見る感じになったらどうしよう?っていらん心配もしてたんですけど、ほんとに要らん心配でした。面白かったー!

もうひとつ、逆に(さんざん煽るだけ煽っといて、映司くんの出番なんてちょこっとなんじゃないの?CMの部分ですべてなんじゃないの?)って心配もしてたんですけど、そちらもぜんぜん要らん心配でした。
むしろオーズ勢の出番は(あれあれ?これ流れを邪魔してない…?)って心配になるほど多くて、これほんとにいいの?って感じ。他の再登場ライダー達とはまるで扱いが違うんですもん。映司くん役の渡部さんが脚本の段階から熱心に意見されてたって話を聞いてたので、ああなるほどとは思いましたけど。
まあでも「オーズ復活」が集客に果たした効果って大変なものだろうし、それくらいさせてもらってもいいのかも。

全編通して万丈の悩みがひとつの縦糸になってるところもわかりやすくてとても好き。
あと、序盤になんかすごい印象に残ったシーンがあって、戦闘とかじゃないんですけど、ロビーまで患者さんでいっぱいになった病院で手際よく連携するエグゼイドチームのとこ。わかんないなりになんかすごい?!って思ってたら、役者さんたちもパンフレットのインタビューでぜひそこを見て欲しいとおっしゃってて。うん、すごかった。
すごいといえばパンフレットの情報量も凄かったです。ライダー映画のパンフって子供さんが読むもんなんじゃないの?だいじょうぶ?キャストさん達と監督、脚本家さんのインタビューがとても良かったので、お母さんは子供さんに説明してあげてほしいなーと思いました。
キャストさんのインタビューはね…ほんと…みんな真剣に演技論とか語ってて、(真面目かΣ((゚Д゚ll)))て思った…若いのにみんなしゅごい…。がんばって…。

そうそう、冒頭のアクションが高さのある工場でのロケだったもんで「RUN THIS TOWN」が脳内に流れましたw飛んでたし。
posted by すみれ at 07:48| 映画

2017年12月13日

おめでとうございます!

わあああああい・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*12月13日です!
伊東鴨太郎先生お誕生日おめでとうございまーす!

というわけでね、記念の伊東先生夢(?)的なお話を更新しました。前半だけで申し訳ない。ぎっくり腰で5日も寝込んでいたせいです。しかし私はできなかった50パーセントよりもできた50パーセントを言祝ぐタイプ(笑)
続きは年内か…もしかすると年明けになりますが、なにとぞよろしくお願いいたします。
サイトのほう読みづらかったらピクモフさんへどうぞ〜(´∀`)ノ

うふふ。先生夢を書くと銀さんがかっこよくて楽しい〜
posted by すみれ at 08:32| サイト言い訳

2017年12月12日

計算外

わーい!毎日拍手をありがとうございまーす・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

…と、空元気でもだしていないとやってられません(´д`;)腰をいわせて寝込んでましたよ…。あうう…。
今もなにかとおそるおそる。行きたい映画もたくさんあるのに。更新だってしたいのに。
いや、まだ間に合う!
というわけで今日はひさしぶりにいろいろ作業。がんばります。
ああ〜ライダーとガルパンも早く見たい〜(> <)
posted by すみれ at 07:32| 日記

2017年12月04日

ファミリー

今日も拍手をありがとうございまーす!
ぴくもふさんのほうでたくさんブクマしてくださった方、ここを見てらっしゃるかどうかはわかりませんが御礼いたします〜(≧▽≦)/ありがとうございます!
更新したお話もいっぱい読んでいただけたみたいでうれしーです♡うへへへへへへへ…


先日映画「火花」を見てきました。公開楽しみにしてたんですよね〜。予告見ただけで泣きそうでしたもん。
原作を読んでいなかったので、映画の予告で初めて内容を知ったのです。芸人さんのお話だったのね。
いやあのねこれね、関西人にはわりと親しみ深いコンテンツなのですよ。ローカルの深夜番組などでは、芸人コンビの結成秘話を再現ドラマにするのってごくごく当たり前にあるの。コンビの出会い、別れ。お互い既に別のコンビを組んでいながら、運命の出会いに葛藤するふたり…。
ええ。BLです。これ誇張じゃないからね。
そんな「楽屋ニュース」そのまんまな甘酸っぱい世界が最高の映画でした。菅田将暉くんの声としゃべりがなんせ心地よくて、それを2時間聞いてるだけでも値打ちあります。クライマックスの漫才ほんと良かった・゜・(ノД`)・゜・よかったよぉぉぉ!

でもでも逆にそういう素地のまったくないお客さんにはどう見えたのかなーと気になります。
ほろにが青春譚として普遍的なお話ではあるんだけど、
たとえば主人公たちの、常に自分がおもろいこと言おう言おうとする会話とか(実際おもろい)
それを「こんなにもお笑いの才能がある」という描写に受け取ってしまったり…することもありうる?って。
どうなんだろう?
大阪の人は全員お笑い…なんていうのはケンミンショー的な誇張ですけど、それでもちょっと面白い人ならああいう会話はふつーにするし(そういう芸人きどりが昂じると鬱陶しいシロウトになります。そういうのも多い)
いやほんとそのへんの雰囲気に縁のない人にはどう見えるのか。
あるいはそういう雰囲気ありきで見ている私のほうが、ちゃんとこの映画を見れていないのか…。
posted by すみれ at 08:16| 映画

2017年12月02日

きんきゅうどーぎ!

どもどもー!毎日拍手をありがとうございまーす!
朝から更新もできてまんぞくでーす・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*わーいわーい!
もとはといえば今やってるアニメで神楽の彼氏編見て、(-ω-) 。o(ここではしれっと父親ポジションやってるこの男を査定される側にたたせてやりてえ…!ぐふふ!)という暗い欲望がきっかけのお話でして、ええまあ、その…
すみませんっしたぁ!!!(土下座)
はー(´∀`)でもやりきったからいいや。これで原作で何が起こっても涼しい顔をしていられます。血で血を洗う師弟対決がどうなろうともうちではお正月の宴会で知らないおじさんおばさんたちにいじられまくってるもんね〜って。お勝手で手伝いの人たちの噂のマトになってるもんね〜。
でも銀さんに意地悪するお話はおとしどころが難しいの。やられっぱなしの銀さんはなんか違いますもん。
posted by すみれ at 08:57| サイト言い訳